SNSはどう使う?どれを使う?

近年、集客ツールとしてウェブサイトと合わせてSNSを活用することが当たり前になっています。お客様から「どのツールを使うのがいいですか」というご相談をよく頂きますので今日はFacebook,twitter,instagram,LINEの持つ特性を簡単にご紹介します。

【Facebook】
30代以上のユーザーが多く実名登録となっているためリアルの知人とつながりやすく、写真とテキストと合わせて情報発信でき、知人を通して情報が広がっていきます。ビジネス用ツールとしても定番のSNSとして利用されています。

【Twitter】
Facebookよりも利用者が多い、10~30代の利用者が多く、それ以上のユーザーは減少。若年層にアピールするのに効果的。リアルタイムの情報を発信することができ反響も早い。文字数に制限があるためたくさんの情報は発信しづらい傾向があります。

【Instagram】
写真や動画を使ってコミュニケーションを図るというシンプルかつインパクト大。ブランディング強化などに向いています。ハッシュタグをつけることで反応も大きく変わります。最近ではショップサイトと連動できるようになり新たなE Cツールとしても可能性が広がっていますね。

【LINE】
幅広い年齢層に利用されているコミュニケーションツールです。日本ではLINEの利用者が一番多く、最近ではビジネスでの利用が広がっており、フリーダもLINEの公式アカウントを使って販促を行うことをご提案しています。メッセージを送るのも簡単ですが友達登録してもらうことが最初のハードルです。タイムラインは友達に共有されれば他のユーザーでも閲覧できるためうまく活用することでさらに友達を増やすことが可能となります。また、LINEには様々な機能があるので使い方次第で可能性はさらに広がります。

色々やってみるのはいいことですが、どれか一つをまめに更新して余裕があれば徐々に増やしていくといいですね。

少々 LINE寄りな情報となりましたが、ホームページと合わせてSNSを導入したいがどうしていいかわからない方、運営がうまくいかないという方はお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. ワンランク上のWordPress更新術

  2. Zoomの使い方【導入編】