新着情報

生産性向上セミナー~人材育成と業務効率化を図るための助成金・補助 金のご案内~ 開催のご案内

2018-02-01

Pocket

生産性向上セミナー~人材育成と業務効率化を図るための助成金・補助 金のご案内~ 開催のご案内

人材育成、業務効率化にお困りではありませんか?

オーナー様にとって人材を育てることや能力を伸ばしてあげることは常に課題となっていると思います。
しかし、教育や個人のスキルを伸ばすことは本人の意欲も必要ですし、費用もかかってなかなか難しいですよね。
本セミナーでは助成金を活用して人材育成をしながら生産性を高める方法をご紹介します。
あわせて、小規模事業者を対象に販路開拓、業務効率化(生産性向上)の取り組みに対しての補助金についてもご案内いたします。

セミナー参加および相談は無料となっておりますので、どうぞお気軽にご参加ください!

ご紹介予定の助成金・補助金制度

*セルフ・キャリアドック制度(47.5万円)※今年度まで!
*小規模事業者持続化補助金(最大50万円)

セルフ・キャリアドック制度とは?

企業の人材育成ビジョンに基づき、キャリア研修・キャリアコンサルティングなどにより、従業員の主体的なキャリア形成を促進・支援する取り組みです。

制度の導入でのメリットは?

①若手の従業員が自身の成長のための目標を定めることができます。
②中堅社員の新たな目標への気づきや働きがいの発見が可能されます。
③従業員のモチベーションアップ
④離職率を下げ、定着率の向上
⑤育児休業者や介護休業者に対して実施することにより職場復帰を円滑に行うことができます。
企業の生産性向上が期待できます!!
最終的に売り上アップに繋がります。

小規模事業者持続化補助金とは?

以下の取り組みが対象となります。

(1)販路開拓等の取り組みについて(一例)
■広報費
・新たな販促用チラシの作成、送付
・新たな販促用PR(マスコミ媒体での広告、ウェブサイトでの広告)
・新たな販促品の調達、配布
・ネット販売システムの構築
・新たな販促用チラシのポスティング
■開発費
・新商品の開発
・商品パッケージ(包装)のデザイン改良(製作する場合、事業期間中にサンプルとして使用した量に限ります。)

(2)業務効率化(生産性向上)の取り組みについて(一例)
【「IT利活用」の取り組み事例】
■機械装置等費
・新たに倉庫管理システムのソフトウェアを購入し、配送業務を効率化する
・新たに労務管理システムのソフトウェアを購入し、人事・給与管理業務を効率化する
・新たにPOSレジソフトウェアを購入し、売上管理業務を効率化する
・新たに経理・会計ソフトウェアを購入し、決算業務を効率化する

セミナー詳細

セミナー:生産性向上セミナー ~人材育成と業務効率化を図るための助成金・補助
金のご案内~
日時:平成30年2月16日(金)10時~12時
   セミナー:10時~11時
   無料相談:11時~12時
講師:キャリアコンサルタント 森 志保子 氏
   社会保険労務士 赤崎 哲央 氏
参加費:無料
会場:かごしま県民交流センター・小研修室第2(東棟4F)
   〒892-0816 鹿児島市山下町14-50
   URL http://www.kagoshima-pac.jp/

   ※キャンセルは前日までに下記までお電話にてご連絡ください。
   ※駐車場:30分毎につき150円(交流センター利用者は2時間まで無料)
   ※駐車場利用時は受付などで認証処理が必要です。

お申込み

所属名(必須)
お名前(必須)
E-mail(必須)
お電話番号(必須)
お申込み人数(必須)  名様
無料相談
通信欄