ホームページ活用術

ブログ初心者必見!ブログの基本的な書き方

2016-07-13

Pocket

今回はブログ初心者が最低限覚えておくべき基本的な書き方をご紹介します♪

ブログは、コンテンツマーケティングの一環として、集客力の強いコンテンツのひとつです。
企業やショップが更新し続けるブログは、SEO効果はもちろん、企業の考え方を披露することでブランディングの一助となります。

ターゲットを設定する(ペルソナ設定)

ブログの文章を書き始める前に、まず誰に向けた記事にするかを考えます。
ターゲットが漠然としているとブログの軸が定まらず、読み手の訴求も高めにくくなるためオススメしません。

ターゲットを詳細に考えておくと、どんな人に読んでほしいのかイメージしやすくなるため、文章も書きやすくなります。

記事のタイトルは最重要

記事のタイトルは、目を引くもの、興味を持ってもらうための最重要要素です。

ブログの入り口である検索結果やランキングサイト、記事一覧ページなど、共通している点は、「記事タイトルが表示される」ということです。

まずタイトルで興味を持ってもらわないと、内容がどんなに良いコンテンツでも読んでくれません。

・読めば「自分の役に立つ」ことが一目でわかる
・どんなふうに役に立つのかイメージできる
・読み手が実際に使う言葉が入っている
・インパクトがある

など、タイトルを付けるときは工夫が必要です。

タイトルで失敗すると、読まれる確率はグンと下がってしまいます。

Yahoo!JAPANのトップページの上段中央にあるトピックスコーナー(最新記事8記事)のタイトルは13文字というのは有名な話ですが、人が一度に知覚できる範囲が9文字~13文字程度とされていて、読ませるというよりも「見せること」を意識しているからだと言われています。

無駄な部分はなくして、一言で伝わるタイトルを考えるときには参考にされると良いでしょう。

SEO対策のポイントとして、記事のタイトルには、上位表示したいキーワードを必ず含めることも重要です。

ブログ記事を書きやすくするポイント

文章が苦手な方は、まず記事を書き始める前に、内容を箇条書きにすると良いでしょう。
それを見出しにしていくと、ある程度の構成ができてきます。
見出しを目次として、文章を書くと、読みやすい記事を書きやすくなります。

ブログは、論文や小説とは違い、一字一句読まれることはあまりありません。
殆どが流し読みですので、難しい語句はさけて、読みやすいかどうかを優先して書くとよいでしょう。

写真やイラストは、文章だけで伝えきれないことを補足する役目もあります。
文章だけの記事よりも、画像が1つ入っているだけで、読み疲れを軽減したり、視覚的に伝えることでインパクトが強くなることがあります。

記事に載せる画像は、できるだけオリジナルのものをオススメします。
ホームページやGoogleなどの画像検索で、インターネット上に掲載されている画像には著作権があります。

ロイヤリティフリーの画像は、記事に掲載してもOKですが、使用が許される範囲内でしか使うことができません。

SEOの基本中の基本!ディスクリプションを書こう!

記事を書いたらページの内容にあった説明文を書くことで初心者でも内部SEO対策ができます。

説明文は、Wordpress投稿画面のDescription(ディスクリプション)から設定できます。

ページの説明文は、GoogleやYahoo!検索をしたときに、タイトルと一緒に表示される概要文で、ユーザーが「何について書かれているか」を判断する部分です。

Description(ディスクリプション)には、
・上位表示したいキーワードを必ず含めて書く
・訴求力が高い文言やできるだけ魅力的な説明文を書く
これらをポイントにして作成します。

ディスクリプションを工夫することで、クリックしてもらえる確率もあがります。

すでに公開済みの記事も、キーワードを含めた説明文に修正することでSEO対策ができますので、投稿済みのディスクリプションもチェックすることをオススメ致します。

まとめ

大半のブログは、開設直後からアクセスが伸びることはあまりありません。
半年、1年と継続して更新することでアクセスアップにつながります。

ブログの基本的な書き方は、タイトルを工夫する、読者が読みやすい言葉で記事を書くことが重要ポイントです。

img_tips_blog