ホームページ活用術

ホームページ活用に便利!無料で使えるファイル転送サービス!

2016-09-15

Pocket

イベントや商戦前になるとやホームページの商品情報の更新やお知らせの追加・PR資料の作成などの機会が増える方もいらっしゃるかと思います。
また、ホームページを運用する際には、画像や動画を掲載した方がユーザーがイメージを膨らませやすくなり、より伝わりやすいコンテンツになります。

その際、ホームページ運用の素材となる画像や動画のやりとりができる便利なサービスやツールが多数あります。
今回は無料で利用できるファイル転送サービスをご紹介いたします。

1.GigaFile(ギガファイル)便

特徴は、大容量の1ファイル75GBアップロードできる機能です。
1時間を超えるような動画や大量の画像などを送信するときにぴったりなソフトです。
大容量ファイルを送信できるサービス自体が少ない中、無料で使えるサービスはとても重宝します。
さらに簡易的なパスワード設定やメモをつけて相手に送信できるので、受信者以外にデータ内容が覗かれる心配もないです。

GigaFile(ギガファイル)便
http://gigafile.nu/

2.宅ふぁいる便

こちらも無料かつ会員登録なしで利用できるファイル転送サービスです。
ファイルをアップロードしダウンロードURLを取得後、そのURLを相手に送信することで、データのやりとりができます。
また、会員登録をすると、ファイルの送信・受信・開封確認などがメールで通知される・同時送信先を複数に増やすなどの便利なサービスが追加されます。

「宅ふぁいる便」
https://www.filesend.to/

3.オンラインストレージサービス

オンラインストレージサービスとは、インターネット上でファイルを共有や保存ができるサービスです。「Dropbox」やWindowsが提供をしている「OneDrive」Appleが提供している「iCloud」などが有名です。インターネットに接続できれば、場所や端末を選ばずに閲覧・アップロードなど作業が可能になります。こういったツールも活用していきましょう。

Dropbox
https://www.dropbox.com/ja/

OneDrive
https://onedrive.live.com/about/ja-jp/

iCloud
https://www.icloud.com/

4.メールで送れる容量は?

メールで添付ファイルを送信する場合、約2MB程度が送信する際のデータ量の目安となります。添付するファイルのサイズが大きすぎた場合、相手が受信できない・メール受信時間が長くなるなど相手に迷惑がかかる可能性があるからです。また、パソコンからモバイル端末に添付ファイルを送信する場合、ファイルのサイズや種類で制限がある場合があるので注意です。

ホームページを運用するとお問合せなどメールのやりとりが増える方もいらっしゃるかと思います。
その際、相手のパソコン・モバイル端末の環境は様々なケースが想定されますので、こういったところにも気を配る必要があります。

5.まとめ

最近ではスマートフォンなどでモバイル端末が高性能化しホームページでも綺麗に見れる写真や動画がとれるようになりました。
しかしこういったきれいな写真を送信しようとしても、高画質なものはデータ量も大きいため数枚添付しただけで、すぐに2MBをこえてしまいます。
相手とスムーズにデータのやりとりを行うためにも、データ転送サービスなどのツールを活用することをお勧めします。

file_storage

※この記事で紹介したツールは2016年9月15日時点のものになります。
外部サービスの為、内容が変更になることもありますので
あらかじめご了承下さい。