ホームページの常時SSL化

Pocket

セキュアなサイトへ!常時SSL化で様々な効果に期待!

常時SSL化とは、サイト全体をSSL化する(暗号化通信)のための仕組みです。
個人情報を入力するページだけではなく、サイト全体をSSL化することで、サイト内でのユーザの行動を保護し、Cookieを含めたすべての情報を暗号化します。暗号化したデータは盗聴や通信内容を盗まれることが困難になりセキュアな通信が行えます。

SSL化で、なりすましサイトへの誘導を回避!

サイト全体を常時SSL化しておけば、トップページを開いた時点からブラウザのアドレスバーに鍵のマークが表示されます。
ユーザがアクセスしているサイトが本物であることを証明し、なりすましサイトへの誘導に気付きやすくなるというメリットがあります。

Webサイトの改ざんや悪意のある利用者が秘密の通信内容を盗聴しようとしても、通信内容をみられることはありません。SSL通信で内容を暗号化で保護し、個人情報や金融機関の口座番号などのやりとりも安全に行えます。

Google、Yahoo!の検索順位にも影響

2014年8月、Googleは検索ランキングへのHTTPS優遇を発表しました。GoogleやYahoo!などの検索エンジンから「ユーザーが安心して利用できる優良なページ(コンテンツ)である」と評価され、HTTPS(=SSL)か否かが検索順位に影響します。

信頼性をアピール

多くのインターネットユーザは、ネット利用におけるセキュリティ、特に個人情報の保護や電子商取引の信頼性に不安を抱いています。SSL通信は、お客様の大切なデータを守るだけでなくユーザが安心して利用いただけるという利点があります。
今後、Google ChromeをはじめFirefoxなどの各社のブラウザは、HTTPSのWebサイトを「安全」、HTTPのサイトを「危険」の表示や警告を表示するなど、ユーザにわかりやいシステムに変化していくことが予想されます。

その他のホームページに関するサービス

ホームページ・Webビジネスのご相談はFridaへ

お客様の商品・サービスに合わせた最適なデザイン・システムをご提案いたします。